オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは

オフィスホワイトニングとは、歯科医院で行うホワイトニングです。

歯の表面に漂白剤を塗り、LEDのライトを数分間照射して薬剤を活性化させ、短時間で白くしていきます。

ホームホワイトニングで使用する薬剤より濃度が高く、短時間で白くなるのが特徴です。
個人差はありますが、1回の施術で2〜4段階白くなります。

当院のオフィスホワイトニングの特徴


1)歯肉保護がいらない
当院のオフィスホワイトニングは歯肉保護が不要です。
歯ぐきにプラスチックを貼らなくてよいので、
お口を開けている時間が短くてすみます。


2)しみどめ配合
ホワイトニングをするとまれにしみる方がありますが、
当院の薬剤にはしみどめを配合しているので、
痛みやしみを軽減させる工夫を行なっています。


3)アパタイト配合
アパタイトを配合しているため、
歯を再石灰化させ、虫歯予防していきます。


1.歯のクリーニング

歯の表面の汚れを器械を使ってクリーニングします。そうすることで、薬剤が浸透しやすくなります。

2.薬剤を歯に塗布

タオルをかけ、リップを塗り、歯の表面に薬剤を塗布します。口を開けて見える範囲(16-20本)塗ります。

3.LEDライトを照射

LEDライトを約8分×2回照射します。
照射後、薬剤を拭き取り、アパタイト入りのペーストを使って歯をコーティングします。

4.歯の色のチェック

シェードガイドを使い、施術前と比べてどれくらい白くなったか確認します。

真っ白にするにはどれくらいホワイトニングをすればよいの?

個人差もありますが、1回のオフィスホワイトニング2−4段階明るくなり、「白くなった」と実感していただけます。
陶器のように真っ白な歯にするためには、ホームホワイトニングと組み合わせたり、オフィスホワイトニングを何度か行うほうがベストです。

必要な回数は、その方によって異なります。黄ばみが強い方や色の濃いものを頻繁に摂取する方、色がつきやすい歯質の方は、よりホワイトニングを行った方がよいですし、逆はそれほど必要ではありません。

日本人の平均的なシェード(A3)の方が陶器のような真っ白なシェード(ブリーチシェード)にするためには、ある程度の期間(2ヶ月〜3ヶ月程度)をみたほうがよいでしょう。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングのどちらがよいのかわからない方、ホワイトニングが初めての方、
どうしようかな?と迷われている方は、まずは無料カウンセリングにお越しください!